×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アミノ酸系シャンプーの特徴とは!

育毛シャンプーの多くは、アミノ酸系の界面活性剤(洗浄成分)を配合したアミノ酸系シャンプーになります。ウーマシャンプーもアミノ酸系シャンプーになります。このアミノ酸系シャンプーは、安価な市販シャンプーに比べ、洗浄力がマイルドなのが一番の特徴です。そのため乾燥肌や敏感肌といった肌トラブルを抱える方にも使えると評判です。

洗浄力の強いシャンプー(安価な市販シャンプー)のデメリット!
スーパーやドラッグストアで売られている安価な市販シャンプーは、洗浄力が強い成分が配合していることが多いです。洗浄力が強ければ、頭皮や髪の汚れや皮脂などを全て洗い流してくれて、頭皮ケアに良さそうな気がしますが、これは大きな間違いといえます。安価な市販シャンプーでは、その洗浄力の強さゆえ、汚れや皮脂などを全て洗い流してしまいます。本体、頭皮ケアにおいて皮脂は悪役になることが多いのですが、実は皮脂が全く無いのも大きな問題になります。

そもそも皮脂には、毛穴にバイ菌が入るのを防ぐ働きがあるため、皮脂が全く無いのは逆に問題になります。例えば、皮脂が全く無いと、頭皮が反応し、皮脂分泌を促します。これが皮脂の過剰分泌につながっていることがあるわけです。頭皮がオイリーな場合などは、洗浄力が強いシャンプーが原因になっていることもあるわけです。

そこでアミノ酸系シャンプーなのです!
皮脂の過剰分泌は、薄毛・抜け毛の原因になることもあります。そのため洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーが育毛シャンプーでは人気があります。アミノ酸系シャンプーでは、汚れや余分な皮脂を洗い流します!言い換えると、必要な皮脂は残すわけです。選択洗浄機能と呼ばれることもあります。アミノ酸系シャンプーとは、頭皮にとって不要な汚れと過剰な皮脂を洗い流し、必要な潤いを残すことができるシャンプーなのです。だから頭皮ケアにオススメといわれているのです!

市販のアミノ酸系シャンプーでも良いの?
このアミノ酸系シャンプーの唯一のデメリットは、価格が高くなることです。通販で購入できる育毛シャンプーの値段が高い理由がここにあります。しかし、探してみると市販のアミノ酸系シャンプーもあります。実は、ここで注意が必要になります。市販のアミノ酸系シャンプーを調べてみると合成アミノ酸系だったりします。安価な市販シャンプーと比べると頭皮に優しいのですが、石油系合成界面活性剤が混ざっていることもあるので注意したいです。なお通販で売られている育毛シャンプーの多くは、天然アミノ酸系シャンプーになります。髪や頭皮への刺激でいえば、合成アミノ酸系よりも少ないわけです。特に乾燥肌や敏感肌といった肌トラブルを抱えているなら天然アミノ酸系シャンプーの方が良さそうな気がします!